脊椎分離症・脊椎すべり症とは?原因・症状・検査・治療・手術のご案内

脊椎分離症・すべり症

脊椎すべり症の手術

原因

背骨の骨が疲労骨折を起こし、分離している状態が脊椎分離症です。

骨が成長しきれていない若年者が、スポーツなどで腰への負担が繰り返しかかることで、骨が分離する(疲労骨折)と考えられています。

症状

脊椎 分離症(せきついぶんりしょう)の症状

主な症状は腰痛ですが、普段はあまり症状がなく、運動をするときに腰痛を感じる場合があり「気のせいかな?」と、ほおっておかれることが多い病気です。

分離症の症状が進行し「すべり症」にならないためにも、コルセットやギプス固定などの適切な保存療法を行うことで、骨折した部分の癒合が期待できます。

お子さんが腰痛を訴えてきた時は早目に受診することが大切です。
 

脊椎 すべり症(せきついすべりしょう)の症状

分離症を放置すると、骨と骨との位置にズレが生じることがあります。この状態が脊椎分離すべり症です。

すべりがひどくなると下半身に痛みやしびれが起こることもあり、時に手術が必要になることもあります。

腰痛が長引く・下半身の痛みやシビレが起こった場合は、早めに受診することをおすすめします。

治療

保存療法で改善がみられない場合や、狭窄が強い場合は、手術が必要となります。

手術

  • 脊椎固定術
  • 除圧術など

検査

脊椎分離症・すべり症の検査はレントゲンや診察、必要によってMRIやCT検査を行います。

こまった時はお気軽にお尋ねください
はやく元気になりましょうね!!
問い合わせる
予約を入れる
問い合わせる