春陽会中央病院「神経内科」のご案内

神経内科

頭痛で頭が痛い・・・

頭痛、めまい、手・足・口のふるえ、しびれ、よく転倒するなどの歩行障害、物忘れ、計算ができない、字が読めない、ろれつがまわらない、見える範囲が狭くなった、物が2重に見えるなど、一つでもあてはまる症状がある。

また、脳梗塞発症後の後遺症や再発の心配やパーキンソン病などの悩みがあれば、春陽会中央病院にお気軽にご相談ください。

東京大学の協力支援により神経内科の専門医を招き診療を行っております。

神経内科で原因をつきとめ、骨や関節などが原因なら整形外科に、手術などが必要なときは脳神経外科の専門医が対応します。

早期に発見し適切な治療を行う事が非常に大切
「もの忘れ外来」のご案内

主な疾患

  • 神経変性疾患(パーキンソン病、アルツハイマー病、ハンチントン病、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症など)
  • 免疫性神経疾患(多発性硬化症、ギラン・バレー症候群、重症筋無力症、筋炎など)
  • 感染性疾患など。

医師紹介

神経内科の濱田雅医師

東京大学 医学部付属病院 神経内科 助教

濱田雅

はまだ まさし

神経内科医として日々パーキンソン病などの運動障害疾患の診療、神経筋疾患の電気生理診断や、てんかん診療に従事しながら、非侵襲的脳刺激法などを用いて運動制御ならびに神経疾患の新規治療法の開発に関する研究を行っています。

専門分野
  • 神経科学
  • 人間医工学
  • 脳科学
  • 内科系臨床医学
脳神経内科の作石かおり医師

帝京大学ちば総合医療センター 脳神経内科 教授

作石かおり

さくいし かおり

取得認定医・専門医
  • 神経内科専門医
  • 総合内科専門医
専門分野
  • 神経内科
こまった時はお気軽にお尋ねください
はやく元気になりましょうね!!
問い合わせる
予約を入れる
問い合わせる