胸部脊髄症(ヘルニア・脊椎症)とは?原因・症状・検査・治療・手術のご案内

胸部脊髄症(ヘルニア・脊椎症)

原因

何らかの原因により胸髄の神経が圧迫を受け神経障害が発生した状態を胸部脊髄症(胸髄症)といいます。

胸椎椎間板ヘルニアの原因

椎間板が突出することにより発症するのが胸椎椎間板ヘルニアです(胸部は頸椎・腰椎と比較すると稀な病態)。

変形性胸椎症の原因

加齢性変化によって脊椎が変形し脊髄を圧迫するのが変形性胸椎症です。

症状

胸部脊髄症(ヘルニア・脊椎症)の初期症状

最初の症状は下半身に力がはいりにくい、シビレなどです。変形性胸椎症の場合は背中や肋骨に痛みや違和感を感じます。

胸部脊髄症(ヘルニア・脊椎症)が悪化すると

どちらも悪化すると歩行障害や膀胱直腸障害(尿がでずらい、便秘、頻尿、尿閉、尿失禁など)が起こります。

治療

脊髄への圧迫などがなければ手術の必要はありませんが、歩けないなど、日常生活に支障がある場合は手術が必要です。

検査

胸部脊髄症(ヘルニア・脊椎症)の検査は検査はレントゲンや診察をします。必要によってMRI検査が必要になります。

こまった時はお気軽にお尋ねください
はやく元気になりましょうね!!
問い合わせる
予約を入れる
問い合わせる